初めてホームページを作る経営者の8割以上が失敗する理由

新しい事業やサービスを始めるにあたって、おそらくほとんどの経営者がホームページを制作するでしょう。そして「ホームページを作って集客したい!」と考えていても、初めての場合多くの方が失敗してしまいます。

ここでは、なぜ多くの経営者が初めてのホームページ制作で失敗してしまうのか、その失敗パターンと理由について詳しく解説していきます。また、失敗を防ぐために当社がお客様にできることをご紹介します。

初めてのホームページで失敗してしまう5の理由

失敗理由

早速本題になりますが、なぜ多くの経営者は初めてのホームページで失敗してしまうのかの理由についてお話します。今までホームページに関する相談を多数持ちかけられましたが、失敗している経営者は次のパターンを多く見られました。

  1. 多額の初期費用を掛けてホームページを作ってしまうから
  2. せっかく作ったホームページを放置してしまうから
  3. 自分で更新ができないから
  4. ホームページを更新する時間がないから
  5. ホームページの活用方法がわからないから

ザックリ言ってしまうと、上記5点の真逆のことをすればホームページを使った集客にも成功しますし、売上もアップしていきます。ですが、中々出来ていない経営者が多いのが現実です。

なぜ上手く行かないのか、なぜ失敗してしまうのか、より深く掘り下げてそれぞれの項目を見ていきたいと思います。

多額の初期費用を掛けてホームページを作ってしまうから

高額な初期費用で失敗

「ホームページってとにかくオシャレでカッコいいのがあればいいんでしょ?」

実は結構多いのが、ゴテゴテのアニメーションが施されているホームページがあればユーザーを魅了できる、ホームページからの問い合わせなども増えるだろうと考え、多額の初期費用を払ってホームページを作成してもらう経営者さん。

今までホームページ集客を専門に行なってきた私から言うと、「オシャレでカッコいいだけ」のホームページは集客ツールになりません。その一つの理由に、ユーザーがあなたのホームページを閲覧する時のデバイスがあります。

スマホからの閲覧ではカッコいいアニメーションも無意味

現代において、インターネットをするときに用いるデバイス比率はスマホがパソコンを上回っているデータがあります。

実際に自社サイトをGoogleアナリティクスで調べた時、モバイルユーザーのアクセスのほうが多くなっており、ほとんどのホームページでパソコンユーザーを上回っているはずです。

デバイス別閲覧データ

当社が管理しているホームページで、おそらくこのサイトはパソコンから見る人が多いだろうと思っているサイトでもスマホでの閲覧人数のほうが多いのが事実。

デバイス別閲覧データ2

スマホからホームページを見る場合、パソコンから見た時はオシャレでカッコいいと思ったアニメーションやギミックが同様にお客さんの視覚を奪えるかと言うと”NO”です。正直、あの狭い画面では難しいですよね。

むしろ、読み込み速度が遅くなるのでお客さんにストレスを与えてしまう悪影響を及ぼします。つまり、現代におけるのホームページはスマホから閲覧した時に見辛くない、軽くてブラウジングしやすいサイトが好ましいと言いかえることが可能です。

過去に私のクライアントさんでいましたが、地元のホームページ制作会社さんに100万円くらいの費用を払ってホームページを作ってもらったのに、全く集客できなかった方がいました。当社でホームページを全て作り直し、スマホから見たときにスッキリしていて軽いサイトを作った上で育てていった所、目標キーワードで3位以内に入ることが出来ました。

ですので、現代では数十万円、百万超えの初期費用を使ってホームページを作る必要はないと断言します。

初期費用を抑えてホームページの育成に力を入れよう

これからのホームページのあり方は、ホームページを会社のWEB窓口として使うのではなく、積極的に集客できるツールに変えていくことを強くおすすめします。その際、高額なホームページを作る必要はありません。10万円以内の予算で作れるような、格安ホームページからスタートしましょう。

ただし、安いだけのホームページ制作会社には気をつけて下さい。

アフターサポートがなかったり、そもそもホームページに最低限のSEO対策すら施されていないことがあります。ですので、集客を目的としたホームページを作りたいのでしたら、ホームページ制作と一緒に集客などのwebマーケティングもサポートしてくれる会社を選びましょう。

せっかく作ったホームページを放置してしまうから

ホームページを放置して失敗

「ホームページも作ったし、これでお客さんが来るかな~。」

意外と多い考えがこれです。

多くの経営者さんは、「多額の初期費用を払ったし、これで集客できるだろう」と勘違いしています。これは大きな間違いで、ホームページは作って放置していただけでは検索順位があがりませんので、当然集客は出来ません。

ですので、積極的にホームページは更新していかなければなりません。検索順位を上げるためだけでなく、ホームページに訪れてくれたお客さんが「このサイトはしっかりホームページが更新されているし大丈夫そう」と安心感を抱かせる目的もあります。

更新されているホームページとされていないホームページでは、お客さんの印象も変わりますよね。例えば、なにか商品を購入するときにレビューがいっぱい書かれているアイテムと、書かれていないアイテムではどっちを購入しやすいかというと、当然前者のほうが購入したくなります。

ホームページも同様で、「人気(ひとけ)」が必ず必要です。せっかく作ったホームページを無駄にしないためにも、更新作業は怠らないようにする必要があります。

自分で更新ができないから

自分で更新できなくて失敗

ホームページの放置はやめましょうと先程書きましたが、いざ更新作業をしていこうとすると、今度は別の問題が発生します。

多くのホームページ制作会社は、管理費用を貰いながらページの更新を代行するのですが、更新依頼をしてからすぐさま反映してくれるわけではありません。早くて翌日、3営業日かかるなんてことも当たり前です。基本的に土日はホームページ制作会社も休みなので、1週間のうちに対応できるのは5営業日しかありません。

もしあなたが”土日に更新必須”な作業がある場合、それでは対応できませんよね。自分の好きなタイミングでホームページが更新できないと、せっかくのビジネスチャンスも逃してしまいます。

プログラミング言語の壁も存在する

基本的にホームページは、HTML、CSS、Javascript、jQueryといった言語で作られています。

プログラミングを嗜んでいる方であれば、拙いながらでもなんとか対応できるのですが、基本的に自分で触るのは怖いですし、できないって経営者のほうが多いと思います。更新作業のハードルの高さもあり、思うようにホームページで成果を出せない経営者も少なくないのではないでしょうか。

ホームページを更新する時間がないから

更新時間がなくて失敗

基本的に経営者は忙しいものです。

お店の売上アップの施策を考えたり、従業員の管理をしたり、中には教育をしたり現場に立ったりと、経営者の多くは忙しさに追われていると思います。そんな中で、ホームページを更新する時間があるかと言われると難しい経営者のほうが多いでしょう。

そんな経営者さんは、ホームページの更新を代行してもらったり、従業員に任せるといった対応を取るのがおすすめです。

ホームページの活用方法がわからないから

活用方法がわからなくて失敗

ホームページを更新する時間はあるし、自分で更新もできる環境整っている。にも関わらず、ホームページからのお問い合わせが増えない、商品・サービスが売れないと悩む方は、もしかするとホームページの活用方法が分かってないかもしれません。

ホームページは闇雲に更新するだけでは成果が出しにくく、正しい手法で集客や売上アップの施策をしていかなければなりません。ですが、普通のホームページ制作会社ではそこまでのサポートはしてくれません。基本的に作ったらお客さんに納品してそこで終わりとなります。

言ってしまえば、インターネットという大草原の中に裸で放り投げられたと同じ。生き残るためには服を確保して、装備を揃えたり食料を確保しなければなりませんよね。なので当社では、ホームページは作ってからが本番だよ、としつこいくらいお客様に伝えています。

当社のホームページ制作は「作った後」を大切にしています

ここまで、多くの経営者が初めてのホームページで失敗してしまい理由について5つ解説してきました。冒頭でも書いたとおり、基本的に失敗理由の真逆のことをすれば成果に近づきます。

つまりは、次のことを実践していくことになります。

  1. 初期費用を抑えてホームページを作る
  2. ホームページは放置せず更新していく
  3. 自分で更新ができる環境を用意する
  4. ホームページを更新する時間を何かしらの形で確保する
  5. ホームページの活用方法を学ぶ

当社のホームページ制作は、作った後を大切にしています。上記5点についてもしっかりとお客様をサポートする体制が整っているので、初めてのホームページでも集客・売上アップに成功するお客様が多いです。

当社では、初めてのホームページでも成果を出していきたいと考える経営者様をお待ちしております。詳しくは当社のホームページ制作サービスを御覧ください。